お寺めぐりの友

PC版

() 岡本薬師堂(おかもとやくしどう) 禅宗

歴史

Linksのページと『佐賀県の歴史散歩』によれば、 本尊は薬師如来。天文17年1548胎内銘を持つ坐像。 天文14年15452月に村内にあった彦島山宝蘊寺(ひこしまさんほううんじ)が焼失しその薬師仏も焼失。 それを再彫したもの。

境内には、鎌倉後期1300頃といわれる禅宗僧侶の無縫塔(むほうとう)(墓碑)がある。 県内では最古のものという。 参道口には一対の六地蔵塔がある。天文元年1532の紀年銘をもつという。

薬師堂内には「小城新四国第31番 本尊 文殊菩薩」の表示あり。

ひとくちメモ

薬師堂内には左右に祭壇が分かれている。 左手には本尊の薬師如来が納められている厨子が安置されている。 右手には弘法大師像・文殊菩薩像が安置されている。 薬師如来の安置されている金属製の厨子は施錠されており扉越しの参拝となった。

薬師堂の脇には1300年代造立という無縫塔が無造作に立っている。 無縫塔の両脇には石仏・石塔などがみられる。 このような貴重なものを雨ざらしにしておくのはなんとも忍びない。

参道口には体の六地蔵塔が立っている。 造立されて400年以上経過している為かなり傷んでいる。

薬師堂の西隣には八幡社が鎮座している。 当薬師堂とは何らかの関連があるものと思われるが子細不詳。

Top