お寺めぐりの友

PC版

歓喜山() 聞法寺(もんぽうじ) [未] 浄土真宗本願寺派

歴史

伊藤氏メモ門前の案内板の内容を以下に記します。

僧了西が寛永18年1641に建立。その後、江見村光圓寺の末寺となる。小鐘は元禄12年1699、谷口安左衛門の作。上峰町内で最も古い小鐘で、上峰町重要文化財である。同じく町重要文化財の阿弥陀如来立像は、江戸時代、圓戒和尚のとき康雲という名の仏師が製作したものである。()

Top