お寺めぐりの友

PC版

()慈眼寺跡(じげんじあと)[観音堂]天台宗

歴史

この地には廃寺となった天台宗・慈眼寺が伽藍を構えていた。現在ある観音堂には慈眼寺の本尊:聖観音立像(木像、天正8年庚辰1580銘)が安置されている。 当尊像は上峰町重要文化財となっている。(境内の案内板より)

当寺の創建・廃寺の時期など詳しい歴史は不詳。

地名「三養基郡上峰町堤」は「みやきぐん かみみねちょう つつみ」と読む。

ひとくちメモ

観音堂内には本尊:聖観世音菩薩像、不動明王像、如来像、聖観世音菩薩像が祀られている。4体とも木像と思われる。

観音堂に向って左手には石祠・石塔・地蔵堂がある。 観音堂前の広場は公園として利用されているようで遊具・ベンチなどが設置されている。 観音堂内外は手入れが行き届いている。

周辺のスポット(4km以内)


Top