お寺めぐりの友

PC版

紫雲山(しうんざん) 朝元寺(ちょうがんじ) [朝元禅寺] [未] 曹洞宗

歴史

伊藤氏メモ『白石町史』によれば、「正保年中1644-1648の開創。元は正隆寺(当寺のすぐ北側)の西方にあったが、明治14年1881に中興され現在地に移された。」という。法泉寺(白石町馬洗)を本寺とする。

山門の内側すぐの両脇には、地蔵像が3体ずつ並んでいる。本堂左手の祠は、千手観音を本尊とする白石新四国霊場第71番札所となっている。()

関連寺院

Top