お寺めぐりの友

PC版

得雲山(とくうんざん) 満願寺(まんがんじ) [満願禅寺] [未] 曹洞宗

歴史

伊藤氏メモ『白石町史』によれば、東明寺(白石町辺田)第3世により開山、中興開基による開創は元禄年中1688-1704

山門入って右手にあるセメント造の小さな大師堂は白石新四国霊場第23番札所となっている。また、その本堂側隣は、6体並ぶ地蔵菩薩を安置する地蔵堂となっている。()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ本寺の特記は、境内の祠・小堂の天幕の生地や、石仏像に掛けられた前掛けの生地である。見た目シルク調の光沢のある綺麗鮮やかな色合いである。これまで訪問した寺院ではなかなか見られなかったほどのものである。これらの天幕や前掛けは、当寺の奥様の手作りによるものである。本堂左前には花が供えられている墓碑も多く見え、彩りのある寺院風景となっている。()

関連寺院

Top