お寺めぐりの友

PC版

() 引導地蔵堂(いんどうじぞうどう) 不詳

歴史

御堂の遠景等は不詳。分かり次第追記します。 御堂の呼称「引導地蔵堂」は作者が仮称しました。正式名称がわかれば訂正します。 御堂内の地蔵菩薩像の台座に「引導地蔵」の文字が確認できる。

御堂内「白石新四国団体信者世話人一同」銘の巡拝のちらしが置かれていた。 当地蔵堂も白石新四国霊場となっているようだ。札番は不詳。

ひとくちメモ

御堂の前は4つ辻となっている。 稲佐山の山裾である。 御堂内には中心に半跏姿の地蔵菩薩、向かって左手に猿田彦大神、右手に石塔が安置されている。

福泉寺の参拝を終え、陽興寺に向かう途中に偶然発見。急遽の参拝となった。

Top