お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

()大谷観音石祠(おおたにかんのんせきし)仏教礼拝所

歴史

石祠の右左の扉にそれぞれ「鶴田」「上総介(かずさのすけ)」という文字が刻まれている。 鶴田上総介は、獅子(波瀬)城主。桃山時代に厳木を中心に活躍した領主。

室園神社の肥前鳥居(天正18年(1590))や相知町の熊野神社の狛犬に刻まれた「鶴田上総介」の文字に似ており、ほぼ同時期に造られたことがうかがえる。(以上 境内の案内板(厳木町教育委員会)より)

石祠は唐津市重要文化財となっている。(Links① より)

ひとくちメモ

境内には3体の地蔵菩薩と石段を登った所に石祠が祀られている。 石祠の脇には不動明王像が祀られている。

関連寺社


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top