お寺めぐりの友

PC版

圓通山() 常安寺(じょうあんじ) [常安禅寺・垂玉観音] 曹洞宗

歴史

Linksのページによれば、 常安寺より東南に3kmほど行った所に岸岳320mがあり、 その北壁の「笹の手」と称ばれる、切り立った岸壁の下に自然の洞窟「垂玉」がある。 和銅6年713、弘法大師が唐よりの帰途、霊夢により垂玉に導かれ止錫したのが、 常安禅寺の起源と伝えられているという。

天正8年1580波多氏全盛の稗田の地に、 この霊場を継承した「鬼子山円通寺」が用演大和尚により開山されたといわれる。 その後、波多氏の没落とともに寺運も衰退したが、寛永元年1624、 唐津藩主志摩守広高が、現在の相知町黒岩の地に、医王山第14世涼山玄清大和尚を招請して中興。 明治34年1901、炭田開発による地盤沈下による損壊があったが、 本尊は小堂宇とともに移転しており難をのがれたと伝わるという。

門前の道は唐津街道である。 境内の案内板によれば、安置されている誕生仏は朝鮮半島の統一新羅時代7世紀-10世紀の作。 唐津市重要文化財に指定されているという。

ひとくちメモ

門前の国道202号線(旧唐津街道)は、片側1車線。交通量の多い道路である。 境内に入るとすぐ右手に六地蔵塔、左右に多数の石仏が見られる。

Top