お寺めぐりの友

PC版

浄土山貞松院() 安養寺(あんようじ) 浄土宗

歴史

境内の案内板の内容を下に記す。

安養寺

浄土宗 知恩院派 天正12年1584 宝誉上人の開基による。

社団法人 唐津青年会議所

右の『唐津城下町繪圖』には、千人塚・安養寺が描かれている。

ひとくちメモ

参道口は県道347号線より一本北側の道沿いにある。 参道口の直ぐ西側には宝昌寺があり、東側には天満宮が鎮座している。 細い参道両脇には多数の石仏・石塔がみられる。 矢竹の生垣もある。

山門をくぐって正面に本堂。本堂に向って左手には「千仏院」と書かれた建物がある。 歴史の項に出てくる「千体仏」はこの中に安置されているのであろう。 「津守観音」「ミイラ」(あまり見たくないが。。。)は未確認。

寺の東側は名勝虹の松原である。 すぐ北側は唐津湾である。西側の岬の先から眺める唐津城の景色はなかなかのものである。 下に周辺の写真を掲示する。

Top