お寺めぐりの友

PC版

名護屋山()安淨寺(あんじょうじ)[安浄寺]☆☆☆真宗大谷派

歴史

Linksのページによれば、文禄元年1592、秀吉の名護屋陣中に端坊(はたのぼう)の傍寺として明然が創建。 順海坊と号した。 慶長元年1596、端坊に続き現在の地に移転。 その4-5年後、現在の寺号(安淨寺)に改める。 (詳細は護念山 安楽寺の歴史の項をご覧ください。)

境内にあるソテツの樹齢は400年以上。名護屋城内の広沢寺から株分けされたと伝えられる。

ひとくちメモ

コンパクトな境内には、ソテツをはじめ、ツツジなどの植物が所狭しと植えられている。 門前の道を挟んで正圓寺が伽藍を構えている。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top