お寺めぐりの友

PC版

脊振山() 霊仙寺趾(りょうせんじあと) [中宮] ★★★ 天台宗

歴史

案内板の内容をそのまま記載する。

霊仙寺趾(りょうせんじあと)

霊仙寺趾は筑前街道沿いの背振山腹の斜面および谷部の約40haにわたり、寺坊などの跡を示す約90ヶ所の平坦面がみられます。 平安時代から鎌倉時代の中心は中央部の水上坊(みずかみぼう)周辺と見られていますが、 江戸時代に再興された万善坊(まんぜんぼう)などの東谷が中心でした。 栄西(えいさい)が住んだ石上坊(いしがみぼう)は西谷にあります。

寺坊跡は1坊あたり500~2000m2前後の広さで、土塁や石垣、建物礎石(大部分は江戸時代)を築いた場所もあり、それぞれが山道や石橋で結ばれています。

霊仙寺趾からは4ヶ所墓地が確認されていますが、発掘調査した墓地からは、蔵骨器(ぞうこつき)に使用されていた鎌倉時代の中国製陶磁器などが出土しました。 また、石塔は各所に数多く残っています。

平安時代の末法思想の影響により経典を来世に残すために銅製又は陶製の筒状容器に収めて埋納した施設である経塚(きょうづ)が、乙護法堂(おとごほうどう)の裏に1ヶ所だけ確認されています。

問い合わせ 東背振村役場・東背振村教育委員会 TEL 0952-52-5111

ひとくちメモ

霊仙寺趾は日本の臨済宗の開祖・博多 安国山 聖福禅寺の開山でもある栄西ゆかりの場所でもある。

霊仙寺趾は背振山の南斜面にある。上の案内板にもあるがすごい規模の遺跡である。 は長崎街道の神埼宿の探索をすべく福岡市より三瀬峠越えで佐賀へ向かう途中、道に迷い 偶然前々からお参りしたかった霊仙寺趾の案内板を発見!! 予定を変更してお参りした。 帰りの道路凍結を気にしながらのお参りであったため、ごく一部しかお参りできなかった。

背振山の三光寺にお参りし、また霊仙寺趾にやってきた。 お天気も良く、じっくり散策ができた。

境内は公園のように綺麗に整備され、案内板も各ポイントに設置されている絶好の散策コースである。

関連寺院

Top