お寺めぐりの友

PC版

如意山() 宝珠寺(ほうしょうじ) 黄檗宗

歴史

Linksによれば、宝永5年1708、施主は鍋島石雲、開山は長靈。

ヒメシダレザクラは、樹齢が約100年、佐賀県の名木古木100選に認定されている。 樹の高さ約8m、幹周り1.2m、枝張り15mの古木。 花の見頃は3月20日頃。 東隣の光蔵寺のしだれ桜もお見逃しなく。

ひとくちメモ

古民家風の本堂・庫裏。コンパクトな境内である。 本堂前にはヒメシダレザクラ、へびひめさま等がみられる。 ヒメシダレザクラの樹勢は老いて尚盛ん。時期となれば、たくさんの花見客で賑わう。 境内はこのヒメシダレザクラをはじめ、ツバキ・シキミ等多数の木々で覆われている。

このヒメシダレザクラの満開の時期は普通の桜より一週間程早いようである。 寺の西には水車の里(遊学館)もある。こちらも桜(こちらはソメイヨシノと思われる)の名所である。

本堂前には、「へびひめさま」と言われる小堂がある。 中には聖観音像が安置されている。 観音様の足元にはヘビの抜け殻、マムシの燻製が安置されている(泣)。 ヘビ嫌いな方はお気をつけください。

Top