お寺めぐりの友

PC版

正覚山() 教法寺(きょうほうじ) [未] 浄土真宗本願寺派

歴史

Linksのページによれば、文禄2年1593、大嶋式部大輔教保という武士が出家して寂法精命と称して、守仏を安置し葬祭の儀を行ったことに始まると伝わる。江戸中期の正徳4年1714に時の住職・教運が幕府の御免状を得て、寺堂を建立し、寺号を正覚山教法寺と称し、現在に至るという。

Top