お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

()聴松庵(ちょうしょうあん)臨済宗妙心寺派

歴史

願成寺末庵。

正徳年間(1711-1715)野々下孫左衛門が子息の菩提を弔うために開基したと伝わる。 現在地での建立は、天保12年(1841)、狩生の緒方という郷民と協力してできたもの。 「願成寺9世桂岳和尚の弟子鶴林に寺子屋教育をもお願いしたとのこと」(ママ)。(『花へんろ』より)

佐伯四国八十八ヶ所第83番(本尊:釈迦如来)となっている。

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

関連ページ(※歴史的に過去に関連していた神仏施設他も含めています。必ずしも現在関連しているとは限りません。)


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top