お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

瑞龍山()天寧寺(てんねいじ)曹洞宗

歴史

弘長2年(1262)北条時頼が諸国歴訪の際、当地に堂宇を建立。足翁永満禅師(山口県大寧寺8世)により曹洞宗寺院となる。 その後、碧外鷲岳大和尚(中津市安全寺4世)が中興した。(Links① より)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

関連寺社


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top