お寺めぐりの友

PC版

松栄山() 光円寺(こうえんじ) [未] 浄土真宗本願寺派

歴史

伊藤氏メモ「光円寺格天井の書画」の案内書きに次のような記載がある。()

当寺の開基は、北山大納言実衡朝臣の次子左中将俊季朝臣。南北朝のとき、乱を避けてこの地に隠棲する。世人は北殿あるいは山浦殿と称していたが横山と姓を改める。

永録元年1558初めて一宇を建立する。文化13年1816本堂が類焼したが、3年後の文政2年1819再建されて現在に至っている。再建に当たり住職が当時有名な書画の大家を訪ね、一枚ずつ書いてもらったと言い伝えられている格天井の書画は230枚余りで、中には竹田・淡窓・旭荘・亀井・五岳等の名士の書画が収められている。(昭和53年197812月1日指定 有形文化財)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

周辺のスポット(4km以内)


Top