お寺めぐりの友

PC版

鏡智山(きょうちざん)円応寺(えんのうじ)[圓應寺]☆☆☆浄土宗

歴史

天正15年(1587)黒田孝高の開基、 真誉見道上人[1]の開山で黒田、細川、小笠原と各藩主に守護されたお寺である。

伊藤氏メモ中津市教育委員会による説明板には次のように記されている。()

天正15年(1587)に黒田官兵衛の開基によって建立された浄土宗の寺院である。開山は真誉(しんよ)上人見道(けんどう)大和尚。 慶長5年(1600)、見道和尚は黒田氏に従って福岡に移り、同名の円応寺(現:福岡市中央区大手門)を開いた。

当寺の境内に河童の墓と呼ばれる五輪塔がある。『下毛郡誌』によると、この墓は宇都宮鎮房(しげふさ)が誘殺されたとき、鎮房に一の太刀を浴びせた野村太郎兵衛祐勝の墓であるとされている。野村太郎兵衛は黒田24騎の一人である。

ひとくちメモ

本堂は近代建築である。 境内には観音堂・鐘楼などがみられる。 本堂に向かって右手の領域は広大な墓地となっている。 そこには歴代住職の墓(含む開山真誉上人墓碑)・河童の墓などがある。 河童の墓は墓地の一番奥の方にある。

伊藤氏メモ山門、鐘楼や観音堂には、丸い形の枠中に[水]の盛文字が施された[水文瓦(すいもんかわら)]が使われている。当時、水乞いの祈りが奉じられていたという。本堂は鉄筋2階建の造りである。()

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


脚注

Top