お寺めぐりの友看板

PC版

医王山()丸小野寺(まるおのじ)天台宗

歴史

養老2年(718)仁聞菩薩により開基された。場所は字「岡の東」。中山東光寺と号した。 大友争乱により焼灰し長く荒廃していたが、寛文年間(1661-1673)大楽院豪全法印により現在の場所で中興され、医王山丸小野寺と改称された。

本堂に不動明王他の諸仏が祀られ、講堂には薬師如来、日光・月光菩薩、十二神将が祀られている。 講堂に祀られている薬師如来が本尊のようだ。(境内の案内板より)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

周辺のスポット(4km以内)


Top