お寺めぐりの友

PC版

辻小野山()西明寺(さいみょうじ)天台宗

歴史

養老2年(718)6人の(ひじり)[1]が開基した。 本尊千手観音坐像(成朝の力作)。 山上には山王権現社が祀られ、寺の鎮守で神仏習合の習わしが残る。無住。

明治23年(1890)まで修正鬼会が行われていた。

毘沙門天立像(県指定・永久5年(1117)胎内銘)・石造三重塔(県指定・貞和4年(1348)銘)を所蔵。

六郷満山本山末寺豊後西国三十三ヶ所観音霊場第20番(本尊:千手観世音菩薩。御朱印は21番胎蔵寺で。) (境内の案内板(杵築市による)より)

ひとくちメモ

西明寺の参道口は南側に300mほど下った所にある。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


脚注

Top