お寺めぐりの友

PC版

蓮華山() 富貴寺(ふきじ) ★★ 天台宗

歴史4 phrases

『国東六郷満山 霊場めぐり』によれば、 養老2年718、仁聞菩薩の開基と伝えられるという。

以降に大堂の歴史を記す。 阿弥陀堂として宇佐八幡大宮司の氏寺として建立されたものという。 その後、武士によって荒らされ衰微して、天正1573-1592年中には大友の兵乱によって大破。 破損した瓦を捨てて村人達によって草葺屋根となる。 延宝5年1677、肥前島原藩主松平忠房が修理。 明治40年、国の特別保護建造物に指定。 明治45年、草葺を瓦葺きにして大修理。 昭和20年4月、米軍機の爆弾が大堂そばに落下、大堂は大破。 昭和22年、大分県が大修理。 昭和27年、国宝に指定される。 昭和39年、大堂の屋根を葺き替え。 現在に至るという。

案内板によれば、東に妙蔵坊跡、西に大門坊跡・清音寺跡、南に南之坊跡がある。 これは当寺の子坊・子院であったのであろう。

地名の「田染蕗」は「たしぶふき」と読む。

ひとくちメモ2 phrases

、念願の富貴寺の参拝が叶う。 平日(木曜日)、お昼すぎの参拝。 境内は作者一人のみ。 本堂に参拝後、石段を登り大堂参拝。 阿弥陀仏の前でしばし念仏。 大堂他、境内は木々に包まれ、昔懐かしさを感じさせてくれるお寺である。 写真は次の順で掲載する。

大堂域 本堂域 奥の院 大権現社 山門周辺 門前 その他