お寺めぐりの友

PC版

() 宝生寺(ほうしょうじ) [宝生禅寺] [未] 臨済宗妙心寺派

歴史

久安年中1145-1151源為朝が建立したと伝わる。 本堂仏壇に向かって右に安置されている等身大の十一面観音像が「為朝公背負の仏」と称される。 その後、相当に荒廃。 宝徳2年1450大友親隆により再建。諸堂の整備、塔頭6ケ院造立などが行われた。寺領も広大なものであった。平常の僧侶の数は100を数えたという。(境内の清川村教育委員会の案内板より)

ひとくちメモ

当寺は紅葉の名所。時期になるとライトアップも楽しめる。

Top