お寺めぐりの友

PC版

金陵山(きんりょうざん)西大寺(さいだいじ)[別格本山]□□□高野山真言宗

歴史

天平勝宝3年751周防の国(山口県)玖珂庄に住む藤原皆足姫(ふじわらのみなたるひめ)が観音菩薩の妙縁を感じてこの付近に草庵を開基し、千手観音を安置したのが始まりである。宝亀8年777安隆上人(あんりゅうしょうにん)が現在地に堂宇を建立(開山)したとされる。はじめは「犀戴寺(さいだいじ)」と号したが、後に後鳥羽上皇の祈願文から「西大寺」に改称されたとされる。

『金陵山古本縁起』(永正4年1507)によれば、正安元年1299に消失した記録のなかに、本堂・常行堂・三重塔・鐘楼・経蔵・仁王門等を構えていたことが記されており、すでに地方屈指の大寺であったものとみられる。

備前国の要港として栄えた吉井川の河口に位置していたことから、庶民信仰を集め、日本三大奇祭の一つに数えられる会陽[1](裸祭り)へとつながっている。 会陽は毎年2月の第3土曜日に開催される。(ホームページ・Links① より)

百八観音霊場第1番札所(本堂。本尊:千手観世音菩薩)・同2番札所(本尊:南海観音)・中国観音霊場第1番札所(本尊:千手観世音菩薩)となっている。

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


脚注

Top