お寺めぐりの友

PC版

城持山(じょうじざん) 薬王寺(やくおうじ) [薬王禅寺] [未1] 曹洞宗

歴史

Linksのページの当寺の縁起は作者が読んで曖昧な点があるが、作者の解釈は以下の通り。 読者は下記の記事とLinks① を読み比べて頂きたい。

当寺の前身、洞谷山 養性庵が、現在地の裏山にあった井手平城の城中にあった。 天正14年1586、井手平城が落城。 文禄元年1592、平戸藩主・松浦隆信の命により、山号を洞谷山から城持山に改称。 元禄年中1688-1704、(菖海素休和尚の代)、現在地に移転。 このとき平戸瑞雲寺9世、大虚舜道和尚を開山に迎え、併せて井手平城合戦の戦死者の追善供養が営まれた。 寺号もこのとき、薬王寺と改めた。大虚舜道和尚が中興開山と思われる。

境内には元和2年1616銘の石仏灯篭がある。

参道口は唐津街道である。

関連寺院

Top