お寺めぐりの友看板

PC版

聖林山(しょうりんざん)本蓮寺(ほんれんじ)日蓮宗

歴史

元和元年(1620)発星院日真[1]の弟子日恵が長崎に来てキリスト教施設[2]の跡地に一宇を建立。 正保5年(1648)江戸幕府より朱印状を下付される。加藤清正発願の題目の五ヶ寺の一寺。

安政2年(1855)から4年間、長崎海軍伝習所で伝習生頭役を務めた勝海舟が寓居した。

昭和20年(1945)原爆投下により全山焼失するが昭和29年(1954)本堂が再建された。(以上 Links① より)

伊藤氏メモさらに詳しい情報はLinks② をご覧下さい。

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


脚注

Top