お寺めぐりの友看板

PC版

終南山光明院()悟真寺(ごしんじ)浄土宗

歴史

慶長3年(1598)の創建。開山は筑後善導寺の僧聖誉玄故。 創建後まもなく、長崎で貿易を行っていた明国商人の欧陽華宇(おうようかう)張吉泉(ちょうきつせん)が帰依し、当時長崎唯一の寺院であった当寺を菩提寺とした。 寺請制度の整備により華僑独自の菩提寺である興福寺福済寺崇福寺創建まで、 当寺が長崎における華僑の菩提所となった。 文化11年(1814)に再建された本堂は、原爆で焼けたため、現在の本堂は昭和34年(1959)に建立されたもの。(Links① より)

創建当時は長崎でのキリシタンの勢いが強く、それに対抗した形で創建されたようである。 詳細はLinks① をご覧下さい。

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top