お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

不老山()寿昌寺(じゅしょうじ)[寿昌禅寺・壽昌寺]臨済宗妙心寺派

歴史

Links① によれば、古くは天台寺院であったと伝えられ、現在地より東南方向1km足らずの不老山の山上に康保4年(967)台山和尚が創建されたといわれている。松浦党の雄と呼ばれた志佐氏の菩提寺であるという。

本尊の如意輪観音像(県指定有形文化財。Links① に写真の掲示あり)は康永3年(1344)銘。志佐有とその子の定を檀那として、仏師幸心により造立されたことが確認されているという。 境内には複数の六地蔵塔が安置されているようである。

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top