お寺めぐりの友

PC版

() 大師堂(だいしどう) 真言宗智山派

歴史

弘法大師は、延暦23年80431歳の時、第16回遣唐使船で難波を出航。 瀬戸内の各所に立ち寄りながら九州に至り、最後に日本を離れたのが、ここ田ノ浦である。

ここにはその時に、弘法大師が休憩したと伝承される「腰掛け石」、遣唐使船が水を補給したとされる「唐井戸」がある。

ひとくちメモ

大師堂は、雑木林の中にある。 参道は道幅1m足らずであるが、コンクリートで舗装されている。 遣唐使一行がこの地を出発した時代は(現在は水田となっている)この付近まで入江になっていたという。

周辺のスポット(4km以内)


Top