お寺めぐりの友

PC版

医薬山(いやくさん) 浄土寺(じょうどじ) [浄土禅寺・九流水寺] [未1] 曹洞宗

歴史

崇光天皇の御宇1349-1353、大字物見に天台宗物見寺があり、天正年間1573-1592、高甫主桂和尚が上九流水に移転し医薬山浄土寺と号した。のち大安寺[1]2世正山宗侃和尚が中興開山した。 元和元年1615、下九流水に移る。 明治4年1871、廃仏毀釈により廃寺となる。 明治15年1882、智海和尚が現地に再興した。(Links①より)

寺の別称「九流水寺」は「くるすでら」と読む。

Top