お寺めぐりの友

PC版

法雲山(ほううんざん) 西明寺(さいめいじ) [未] 高野山真言宗

歴史

かつては延命寺と称し、禅宗の飫肥報恩寺[1]の末寺で、開山は快翁和尚禅師と伝わる。飫肥城主伊東氏の祈願寺であった。 明治時代の廃仏毀釈で廃寺状態となるが、明治末期の瑞泉和尚の時、真言宗の周鏡法印に師事して、真言宗の西明寺として復興した。 虚空蔵島には虚空蔵堂が奥の院としてある。(Links②より)

この奥の院にはGoogleMapに投稿された画像によれば、仁王門もあるようだ。

Top