お寺めぐりの友

PC版

金海山大恩教寺(きんかいざんだいおんきょうじ) 釈迦院(しゃかいん) [未1] 天台宗

歴史

Links②によれば、延歴18年799桓武天皇の勅願によって、天台宗の名僧奘善台師が開基したと伝えられる。 当時は、寺院が周囲の谷や峰に75も建ち、天台宗を基に、真言、禅、浄土など八宗兼学の道場として栄えたという。 天正年間1573-1593に宇土城主小西行長の焼討により荒廃、その後、熊本城主加藤清正の子忠広により山門が再建され、その後本堂や客殿が改築され現在に至るという。

所蔵の銅造釈迦如来立像は秘仏として未公開であるが、鎌倉時代中〜後期の作という。像高78.8cm。 県指定有形文化財。

Link①によれば、美里町側からの参道は中世以来の表参道であった。昭和55年1980、まちおこしの為、 3333段の日本一の石段(釈迦院御坂遊歩道)として整備された。2.9kmあるという。 今では、車でも境内まで登れる。ご安心あれ。

Top