お寺めぐりの友

PC版

天谷山() 喜安寺(きあんじ) [山寺] 浄土宗

歴史1 phrases

境内に「喜安寺の由来」と題された石碑(昭和56年 第4世住職銘)が建てられている。 写真撮影をしてきたが、ピンぼけの上に下部が苔で判読できない。 かろうじて判読できる前半部分によれば、明治18年に地元の富志、松本岩三郎・村津三郎両氏の寄進により建立されたようである。 詳細分かり次第追記します。

ひとくちメモ1 phrases

「山寺喜安寺」と記された道標が立っている参道口より、だらだら坂を登ると境内である。 境内は鬱蒼とした木々と苔に包まれている。境内は3つの平坦面で構成されているようで、作者は最下部の平坦面のみ散策した。 季節柄、長い物の出現を恐れたためである。 最下部の平坦面では「喜安寺の由来」の石碑をはじめ石塔・石灯籠などがみられる。 そこからは本堂は確認できなかった(残念無念)。