お寺めぐりの友

PC版

永照山()光国寺(こうこくじ)浄土真宗本願寺派

歴史

開基は教尊。教尊は豊前小倉永照寺6世西吟の弟。 細川三斎(忠興)が豊前小倉から肥後国へ国替えの際、三斎は教尊をお供に連れて八代に移る。 寛永15年(1638)、教尊は八代で一寺を建立し、三斎より「永照山光国寺」の寺号を賜わる。 正保3年(1646)、細川行孝が宇土へ領地替えとなったため、光国寺もお供寺として宇土へ引越しを命じられる。 翌年、宇土新町4丁目に本堂が建立される。11世尽性の頃、現在の地に移転。現17世。(ホームページより)

門前の道は薩摩街道である。

ひとくちメモ

先代・現住職は哲学・宗教関係の論文・書籍を多数執筆されておられるようだ。(ホームページより)

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top