お寺めぐりの友

PC版

舞鶴山() 正勝寺(しょうしょうじ) 浄土真宗本願寺派

歴史

Linksのページによれば、永正3年1506の創建。 明治10年西南戦争の際、征討総督有栖川宮殿下が大本営を置いた場所であるという。

門前の道は薩摩街道である。

ひとくちメモ

本堂正面の上部には、鶴の鏝絵(こてえ)が飾られている。山号「舞鶴山」にちなむものであろう。 境内には2本のイチョウの巨木がある。 庫裡は土蔵造りの古風なものとなっている。

町内の3ケ寺(当寺、眞光寺正福寺)は皆、浄土真宗本願寺派で、山号も皆「舞鶴山」である。

Top