お寺めぐりの友

PC版

太梅山(たいばいざん) 光厳寺(こうごんじ) [光厳禅寺] [未1] 曹洞宗

歴史

伊藤氏メモ 以下は、『創立伝来記』による。

昔は宮崎県東旧枡郡富高村に瑞雲山光厳寺として存在していたが、明治34年1901無住となり、翌年には廃寺となっていたのを、愛媛県西宇和郡八幡浜吉蔵寺住職・金田東禅大和尚が現在地に移転、大梅山光厳寺と改称して中興開山した。その後、一時期は他へ維持管理を委ねたが、大正12年1923田中石峰大和尚が第2世に晋山して再興、第3世田中孝典和尚に受け継がれて現在に至る。平成5年1993に現本堂を再建。

水俣第一小学校(水俣市陣内)裏山に境外地がある。そこには、大正の初めに札所の砂をもらい受け、昭和に開いた四国八十八ヶ所霊場があり、人々の篤い信仰を集めているという。(『九州四十九院薬師巡礼』より)()

Top