お寺めぐりの友看板

PC版

無量寿山()往生院(おうじょういん)浄土宗

歴史

Linksのページによれば、 安貞2年(1228)、弁長(聖光上人)の開山。白川山往生院と号した。 白川の川辺であった(創建の地には3説ある)。 加藤清正が古鍛冶屋町に移し、享保9年(1724)現在地に移転した。 江戸期には当寺はこの地域の触頭の役割を果たしていた。 西南戦争の折には薩軍熊本隊本営となったという。

境内には弁長の墓、放牛の石仏(百体目)、豪潮律師の宝篋印塔などがあるという。

門前の道は薩摩街道である。

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top