お寺めぐりの友

PC版

()蓑毛観音堂(みのもかんのんどう)仏教礼拝所

歴史

本尊十一面観世音菩薩坐像は室町時代(1336-1573)の作と思われる。 台座に元禄3年(1690)に修理したという墨書銘がある。

御堂の近くには御詠歌・その他の資料から「しょうれんじ」(鐘林寺・正蓮寺)があったと推定される。(以上 境内の案内板より)

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。

周辺のスポット(4km以内)


Top