お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

飯田山大聖院()常楽寺(じょうらくじ)天台宗

歴史

平安時代末期(1140-1150)に比叡山第47代座主忠尋の高弟である真俊により開基されたといわれる。また、敏達天皇12年(581)、日羅上人が百済から千手観音と九重の塔を持ち渡って開基したともいわれる。(Links① より)

肥後三十三観音霊場第6番札所(本尊:十一面千手観世音菩薩)・益城三十三ヶ所第3番(本尊:十一面千手観世音菩薩)

ひとくちメモ

『娘巡礼記 (岩波文庫)』で著者が宿泊。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top