お寺めぐりの友看板

PC版

()木喰上人作子安観音(もくじきしょうにんさくこやすかんのん)☆☆☆仏教礼拝所

歴史

観音堂に祀られている等身大の観音像は寛政年間(1789-1801)木喰上人[1]が坂梨を訪れた際、 子宝に恵まれなかったこの地の豪商虎屋の夫人の頼みを受け、上人が彫ったもの。(境内の案内板(平成26年(2014)3月 阿蘇市教育委員会)より)

参道口は豊後街道である。

ここから少し東側の街道は枡形構造の道という。(Links① より)

ひとくちメモ

観音堂は街道から少し奥まった所にある。 同一境内には、秋場山大権現・天満宮も鎮座している。

御堂の扉は施錠され、格子戸の前からの参拝となった。

脚注

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top