お寺めぐりの友

PC版

() 興詮寺(こうせんじ) [未] 浄土真宗本願寺派

歴史

永仁5年1297渋谷行重が建立した。当初は松尾寺と号していた。 応永5年1398頃、現在地に移り,禅寺となり松尾山興全寺と改称したと伝えられる。 江戸時代は、この地の私領主であった島津氏分家・佐志家の菩提寺であった。 浄土真宗に改宗したのは江戸期に入ってからか?

明治の廃仏毀釈の法難が激しかった鹿児島県内では珍しく,幸いにも破壊を免れ現在に至っている。それは当寺が桂樹院(島津義弘の娘お下)の位牌堂であったためであろう。(以上 Links① などより)

本堂内陣は室町時代に建てられた頃の原形を保っており平成12年2000に鹿児島県指定文化財になった。

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

Top