お寺めぐりの友看板

PC版

()松山子安観音堂(まつやまこやすかんのんどう)仏教礼拝所

歴史

毎日新聞(毎日新聞2016年2月19日 地方版)によれば、木製の観音様はもとは現在の大分県中津市にあり、500年ほど前の火事で松山まで空を飛んで逃げてきたとの言い伝えがある。近くの正伝寺の住職が「乳を与える観音様が松山にいる」とのお告げを受けて持ち帰り、観音堂を建てて祭ったのが始まりという。

毎年、2月18日には松山子安観音大祭が開催され、火渡りなどの行事があるという。

作者は正確な場所の特定ができていません。地図上の場所は誤っている可能性が大きいです。 参拝後に必要があれば修正します。

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top