お寺めぐりの友

PC版

瑞雲山()聖壽寺(しょうじゅじ)[寒山寺・聖寿寺・聖壽禅寺]黄檗宗

歴史

昔は三池郡田尻(尾)村にあって曹洞宗 寒山寺と号していた。 寛文9年1669黄檗宗にかわり鉄文和尚を開祖とする。 明和5年17869月、現在の地に移転、寒山寺を聖寿寺に改める。 福厳寺6世揚宗を中興開山とする。 寺内に観音堂がある。(『柳川の歴史と文化』より)

伊藤氏メモ江戸期には旅僧が福厳寺(奥州町)を訪れるには、まず聖壽寺の観音堂に止宿し、聖壽寺よりこれを福厳寺に申し入れてもらい、この申入れを受けて、福厳寺の和尚が聖壽寺に出向いて取調べの上、付き添って辻門の警護者より許可を得てから、城内の福厳寺に入ることができた。福厳寺は、旅僧の宿泊料として、聖壽寺に毎年米4俵を賜与したという。 (Links① より)  ()

ひとくちメモ

さすが禅宗のお寺らしく本堂・山門共枯れた雰囲気がなかなか良い。 境内には梅の木が多数植えられており丁度満開であった。 本堂の扁額には中興開山の「揚宗」の銘が確認できる。 本堂に向って左手に白い小堂があるが、これが『柳川の歴史と文化』に記されている観音堂かどうかは未確認。

伊藤氏メモこぶりながら古寺を思わせる山門からの造り。相当の年代を感じると本堂と、綺麗な庫裏との新旧対比が見られる。 山門表札には[通称 寒山寺]の表記あり。()

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top