お寺めぐりの友

PC版

清浄山() 宗岳寺(そうがくじ) [羽犬塚六地蔵尊] 浄土宗鎮西派

歴史

Linksのページによれば、慶長元年1596善導寺の僧久伝により開かれた寺院という。

宗岳寺の位置は、薩摩街道 羽犬塚宿の北側の入口(北構口)の脇(西側)にあたる。 その地点は宿場の防衛機構である枡形構造道路があったという。

境内には「羽犬塚」の地名の元となった羽の生えた犬の塚、伝秀吉寄進の六地蔵他多数の石仏が安置されている。

ひとくちメモ

門前は、国道209号線。その道は昔の薩摩街道である。 「寛永12年1635 一誉道順」銘の石灯籠のある山門をくぐると、右手に六地蔵・羽犬塚のあるお堂、 左手には大師堂、大師堂の先には多数の石仏が安置されているお堂がある。 本堂はその先である。 境内はかなり狭いがその中に安置されている石仏・石塔の多さには眼を見張るものがある。

羽犬塚の主人公である「羽犬」については、「良い犬」「悪い犬」の2説があるようである。 Linksのページ参照のこと。

西隣りには宗岳寺保育園が併設されている。

関連寺院

Top