お寺めぐりの友

PC版

平等山利生院() 常念寺(じょうねんじ) [未] 浄土宗

歴史

伊藤氏メモ開祖・清光を称える石碑によると、元は平家の武士・越中次郎兵衛盛次(えっちゅうじろべえもりつぐ)(のち金阿(きんあ))の庵寺で、彼の死後も念仏が行われ、天文3年1534厳誉が開基したという。

筑後地方の浄土寺院では古くから続いている寺院で、かつては久留米善導寺に次ぐ賑わいを誇っていた。明治の神仏分離の際には、多くの仏具を水田天満宮[1](筑後市水田)から引き取っている。残念なことに昭和55年1980火災に遭い多くの寺物が失われている。 (『筑後市の文化財-平成16年版-』より)()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ山門両脇に連なる塀が赤レンガであるのが目に付く。前面が和庭園風になっている本堂は鉄筋コンクリート造。鐘楼は緑色屋根で四脚支柱も含め鉄筋コンクリート造。梵鐘の刻字には、[昭和57年1982本堂再建記念 第35世]とある。山門入って左手には、小堂があり、十三仏が並んでいる。()

脚注

Top