お寺めぐりの友

PC版

泥洹山(ないおんざん) 安養寺(あんにょうじ) [未] 真宗大谷派

歴史

伊藤氏メモ寺伝によれば天文3年1534浄清和尚開基。明治28年1895に見つかった棟記には、天正8年1580三河松下城主松下若狭守長則開基と記されている。

境内の北西側にある永正15年1518銘の板碑は、当寺の開基伝承より古く、別の場所から移されたと考えられる。 (『『筑後市の文化財-平成16年版-』より)()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ現第15世。現本堂は12年前の建立。上記永正15年銘の板碑は、本堂裏手の草生地の中で、本堂にほぼ接する場所にあるが、下方部分が土中に埋まっており、全体像はうかがえない。本堂前のマキの樹は古く市指定樹らしい。()

Top