お寺めぐりの友

PC版

日光山()西福寺(さいふくじ)[子育地蔵尊]☆☆☆高野山真言宗

歴史

元は曹洞宗[1]。栄西の弟子明全が開山。 永禄6年1563、大友宗麟の兵火により焼失。 その時村人が釈迦如来・阿弥陀如来・観世音菩薩の三尊仏像を境内地の井戸に投げ入れた為、焼失を免れた。 文化5年1808、春日神社の神託によりそれらの尊像が井戸から発見され、この地に安置される。 明治35年1902高野山真言宗に転派。現在に至るという。(Links① より)

ひとくちメモ

西福寺は田川市の繁華街の南西の住宅街の中に伽藍を構えている。 そのすぐ東側には中元寺川(彦山川の支流)が流れる。

地蔵堂はかなりの年月を感じる建物でその内部の弘法大師像はユーモラスなお顔をされておられる。

境内でお参りしていると住職とそのお母様と思しき方が声をかけて下さり、次にお参りする松霊山 十輪院への行き方を丁寧に教えていただいた。感謝。

また、境内にはかなりの数の石佛が安置されている。

住所の"弓削田"は"ゆげた"と読む。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


脚注

Top