お寺めぐりの友

PC版

無量山() 善福寺(ぜんぷくじ) 浄土宗

歴史2 phrases

伊藤氏メモ貞治元年1362の開創。元は、現在地の西300mほどの場所にあったが、本道(現R495・バス通り)から柏原漁港へ通じる道路が出来る際に支障となることから、60年ほど前に移転してきた。

当寺には次のような縁起が伝わる(縁起書の写真パネルを見せていただける)。昔、浜中伊右衛門という者がいた。 あるとき、(うまや)から音がするので見にいくと、河童が馬を厩から引き出そうとしていた。 伊右衛門は念仏を唱え河童を捕まえた。河童は2度と悪さをしないと約束し詫び状を入れたという。 残念ながら、この河童の詫び状は現存しない。なお、伊右衛門の墓が白壁の納骨堂の左前にある(圓誉浄堂居士と刻まれた石墓碑)。現33世。 ()

ひとくちメモ4 phrases

山鹿の芦屋町歴史民俗資料館の裏手にひっそりと伽藍を構えている。

本堂前には阿弥陀堂地蔵堂がある。 地蔵堂内の右手の石仏は長い間風雪にさらされた為かかなり傷んでいる。

本堂前には一段高くなった領域がある。 そこには、地蔵堂(やすらぎ地蔵尊)、生目八幡宮(「眼病の神」との案内がある)、多数の石塔・石仏がみられる。

芦屋町歴史民俗資料館には多数の芦屋地区の文化財が保管されている。 お参りの帰りにでも立ち寄ってはいかがか?

関連寺院1