お寺めぐりの友

PC版

法林山() 長楽寺(ちょうらくじ) 浄土宗

歴史

『筑前国続風土記附録』巻之31 遠賀郡 貞 蟲生津村の項に下記の記載がある。

長樂寺浄土宗鎮西 佛堂5間4面

法林山と号す。 宮田村極楽寺に属せり。 慶長17年1612彈譽阿順といへる僧の開基也。 寺内に稲荷社あり。

道場原

昔道場寺といふ天台宗の寺有しが、天正1573-1593の頃兵火にかかり焼失し荒野となれり。 正徳年中1711-1715此地より薬師の木佛十二神をも掘出せり。 今其佛像は長楽寺に安置せり。

上の薬師仏・十二神将の像は今も寺に保存されているかどうかは未確認。

ひとくちメモ

虫生津(むしょうず)の集落の丘の中腹にひっそりと伽藍を構えている。 山門脇に1体、本堂脇に5体、笠地蔵が鎮座されておられる。

本堂左手には裏山に通じる古い石段がある。 その先には何かありそうであったが、梅雨時でヘビ嫌いの作者は登ることを断念した。

関連寺院

Top