お寺めぐりの友

PC版

() 立地蔵(たちじぞう) 浄土宗

歴史4 phrases

『芦屋案内記 芦屋編』に下記の記事がみられる。

立地蔵旧浜崎

むかし芦屋浜に水死体があがった。 見れば大金のはいった財布が首にかけてある。 里人がこれを取ろうとすると、死んだはずなのに。眼をパッチリと開いて恨めしそうに見る。 里人たちは光明寺にお願いしてそのお金で供養し埋葬した。 残りのお金でこのお地蔵様をつくりここに建て、漁夫の海上安全を祈ると共に、毎年7月8日の御座を設け百万遍の念仏講を行い遭難者の供養をしている。

境内の南無阿弥陀仏の碑は天保5年18346月銘。(後略)

ひとくちメモ1 phrases

お地蔵様は通りに向かって立っておられる。 着けておられる(ころも)のヒダが丁寧に彫られている。 ここから、82番閻魔堂境内を望むことができる。

関連寺院1