お寺めぐりの友

PC版

松原山() 安楽院(あんらくいん) 浄土宗

歴史2 phrases

伊藤氏メモ仁和元年885に谷阿上人が初代開山して以来、1100年以上の長い歴史を持つ寺院である。現第60世。 仁治3年1242、四条天皇が御歳16歳で崩御。近侍の官女は悲嘆のあまり、菩提を弔い諸国修行天恩法事、 九州に下り、寛元4年1246安楽院に参拝し18世萬谷上人から授戒を受け、この地に六坊の草庵を結び、四条天皇の菩提を弔い供養しながら、正念往生した。六官女の結んだ草庵のうち、現存するのは、櫻之坊(櫻姫)吉木西の三福寺、及び小竹之坊(小竹姫)内浦の長源寺の2寺である。(『安楽院記念誌』より)()

観音堂には右から順に「本尊聖観音」「川西四国67番札所」「本尊 子安観音」「川西新四国第■■■■■」「岡垣四国霊場」の札が掛けられている。

ひとくちメモ2 phrases

安楽院は吉木の町の北の高台にひっそりと伽藍を構えている。その裏手は景勝三里松原である。 子安観音堂内の左右の大きな黒い仏像は、火災により炭化したもののようである。

伊藤氏メモ本尊の木造阿弥陀如来立像は、にぶく黒光りする歴史を感じるものである。境内の子安観音堂は川西四国第67番札所。()

関連寺院2

Top