お寺めぐりの友

PC版

琢磨山() 西福寺(さいふくじ) [西福禅寺] 曹洞宗

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之31 鞍手郡 下 永満寺村の項に下記の記述がみられる。

○西福寺

宅間に在。琢磨山と号。 禅宗洞家豊前國上野興國寺末也。 本編に見へたり。

本尊の薬師佛ハ佛師定朝が作也と云。 相傅フ。 此寺昔ハ福知宮別當職なりしか、天正一説天文中改て今の宗門となれりとなん。 今鐘楼に懸たる鳧鐘(ふしょう)ハ則福智宮に在し物也。 寺内に黒染とて大木の櫻有。

ひとくちメモ

門前には福智山山系の雄大な景色が広がる。 周辺は豊な田園地帯となっている。

上の『拾遺』にも書かれているが、以前は密教系寺院であったせいか境内には大日如来・不動明王などの石仏が安置されている。 鳧鐘・大木の櫻は確認できていない。

関連寺院

Top